不妊の定義と原因について

この10年程度で、不妊を解決したいと考える夫婦がとても多くなってきています。妊娠をして子供を出産したいと考える夫婦は昔から多かったのですが、女性が社会進出をするようになってから、結婚をする年齢が遅くなり、晩婚化が加速していきました。これによって、かつてよりも不妊に悩む夫婦が多くなってきているのです。

 

現在、日本だけでいえば、10組に1組の割合で不妊症になってしまっているといわれています。そもそも不妊とはどのようなものなのか、どれくらいの期間妊娠をしなかったら不妊になるのかなどについてご紹介をしていきます。

 

まず不妊というのは、健康な夫婦で避妊をせずに2年以上性行為をしているのに、妊娠をしなかった場合のことを指しています。避妊をせずに性行為をしなかった場合、1年以内に妊娠をする夫婦が80%、2年以内に妊娠をする夫婦が90%を占めることになります。ですから、1年経っても妊娠をしなかったのであれば、不妊症の可能性も考えるべきでしょう。

 

夫婦のうち女性のほうが、年上になっているのであれば、2年経っていないとしても不妊治療をしておいたほうがいいでしょう。また、無排卵になっていたり、生理不順になっている可能性があるのであれば、1年経っていないとしても、不妊治療を受けるべきです(参考:無排卵月経について)。

 

さて、この不妊というのは、男性と女性のどちらに原因があるのでしょうか?少し前まで妊娠をすることができないのは女性が悪いといわれていたのですが、現在は医学的に男性に問題がある場合もあることが証明されています。ですから、その夫婦によって、どちらに原因があるのかは違っているのです。中には、調べてみると男性にも女性にも問題があったというケースだってあります。

 

女性に原因がある場合は、排卵や子宮に問題があったり、卵管が詰まってしまっているという問題などがあります。この他にも、子宮筋腫や子宮内膜症になってしまっていることで不妊になってしまっていることもあります。

 

そして、男性の場合は、インポテンツになってしまってしまったり、精子の活動量が低い、無精子症になってしまっていることなどが原因で不妊になることもあるのです。

 

さらに、男性にも女性にも言えることですが、不妊になっている原因が分かっていない場合間おります。原因が分からない場合、医学による治療をすることも難しくなってしまいます。

 

不妊治療をしていく場合、病院だけに頼るのではなく、妊娠のサポートをしてくれる栄養素を摂取したり、適度に運動をしていくことも大切です。どちらか片方だけが積極的に不妊治療をしていくのではなく、お互いに助け合いながら不妊治療をしていくようにしましょう。