コーヒーダイエットはどれくらい効果が出る?

コーヒーには、カフェインとクロロゲン酸という主な成分が含まれています。コーヒーの中に含まれるカフェインの働きには、白色脂肪細胞(皮下脂肪)に蓄えられてしまった脂肪を消費するため褐色脂肪細胞の働きを促すといった効果があるのです。

 

褐色脂肪細胞の働きを活発にさせるコーヒーダイエットでは、基礎代謝を高くして痩せやすい状態にするのです。また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分には、老化防止作用や血中遊離脂肪酸濃度を上げるといった働きがあると考えられているのです。

 

体の中に蓄積されてしまった脂肪を分解してエネルギーに変えるという働きは、血中遊離脂肪酸濃度を上げることによって起こるのです。このように、コーヒーダイエットによって体内の脂肪を燃焼しやすくすることによってダイエット効果出てくるのです。

 

ブラックで飲むことがコーヒーダイエットを行うためには、基本となってきます。それは、砂糖を入れてしまうと、カフェインやクロロゲン酸の働きの妨げとなってしまうため、コーヒーダイエットをするのであれば、ブラックで飲むことをお勧めいたします。

 

1日に飲むコーヒーの量は、4から5杯がコーヒーダイエットでは適量であると考えられているのです。コーヒーを飲むだけでダイエットができるのであれば、たくさん飲みたいと考える人もいるでしょう。しかし、適量より多くのコーヒーを飲んだところで効果の違いはないといわれています。

 

大量にコーヒーを1日に飲むことで胃への負担となってしまい、コーヒーダイエットを続けられなくなってしまうといった体への影響も出しまうため、適量以上、飲むことはやめておいたほうがいいでしょう。